エルザ

昔からある高鍋町の喫茶店。1960年代に創業されたかと思う。
高校の帰りによく立ち寄った。

エルザ

いろんなコーヒーの種類があり、値段も高かった。
キレイなカップに注がれたコーヒー、その雰囲気を楽しめた。
カフェオーレとは? 注文して初めて知る。
空のカップがきて、ミルクとコーヒーの入った金属製のかっこいいポットが2つ
カップの両サイドにおかれて、どうやって飲めばいいのかためらった。
好奇心旺盛なあの時代。中身を知りたくて、片っ端からメニューを見て、
値段と相談しながら、注文していた。
フレンチトーストもここで初めて食べた。本当においしかった。
中のインテリアも見たことのないものばかりで、本当に気持ちが高揚した。

エルザ入口

食と音楽と絵画やオブジェ。
今にして思うと芸術や異文化の発信地という役割を
喫茶店が果たしていたのかも。時代の変遷とともに内容も変わったが。
外観も凝っている。ドアの細工。当時のことを思いだし扉を開けてみた。
おもしろいランプを見つけた。ランプを支えるスタンドがとてもおもしろい。

ねこのランプ

熊谷守一の絵(リトグラフ)があった。
単純だけれどインパクトがありインテリアとよく調和する。
「昔薦められてかったけれど、いくら見ても飽きませんよね」と店主。

熊谷守一

あわせて、これも読んでみるとよいと差し出してくれたのが、熊谷守一の画集。
陽が死んだ日」という自分の幼い子供が亡くなる姿を油彩で描いた作品を
読売新聞(芥川喜好の解説)で見て衝撃を受けたことがある。
つらい場面をどうしてこんなに客観視できるのか?
その絵は画集にもあった!なんと47才の時の作品だった。
晩年はエルザにあるような作品になるが、
この本を読むと絵が変化していく過程がよくわかる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です